PF管 配管

某ハウスメーカーの新築現場。

工場でここまで配線済みだそうで、後は大工さんが間仕切壁を作りながらケーブルを延ばすらしいです。



この分電盤から外壁面に 作業場用の電源を単三でもらいたいので、とりあえずPF管で配管しておくことにしました。

壁はほとんど石膏ボードが貼れた状態で、空いているのはこの継ぎ目部分だけです。

ここに、本来の使い方とは違うことを承知の上で、マイナスドライバで穴を開けます。

(実は今日は腰道具だけしかもって来ませんでした)

さあ、いよいよ配管です。

今回は在庫の関係で22の二重管を使いましたが、隙間が狭いため辛うじて通す事ができました。

分電盤の部分も狭くて通らないため、本来の使い方と違う事は承知の上で、電工ナイフと玄能を駆使して穴を広げます。

見事に出ました。


もう一方は先ほどあけた穴から外に出します。

配管には、電気屋さんへのメッセージを書いておきましょう。

外の様子はこうです。

後でここにプールボックスを取り付けて、作業場まで地中埋設で配線する予定です。

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts