D種接地工事(但し接地抵抗値10Ω以下)

某研究施設で新規に分析装置を購入するとのことで、電源工事を依頼されました。

装置の電源電圧は100Vなので、接地工事はD種でいいのですが、担当の主任技術者いわく、「分析装置は装置の安定のために専用の接地がいいね。抵抗値は10Ω以下だね」・・・

その一言で久々の接地工事決行となりました。

本日準備した材料。

直径15φ長さ1500mmの連結式アース棒6本 

そして接地抵抗低減剤 「ケミアースⅡ号」

今回の現場は土質は良さそうなのですが、最初からケミアースを使う事にしました。

説明書に従って調合していきます。

1m程穴を掘って、ケミアースを投入後、アース棒を打ち込みます。

残ったケミアースも投入しましょう。

3本連結。合計4.5m打ち込んで、抵抗値を測定すると、13Ω。

もう一息です。

2m程離れた場所にもう一つ穴を掘って、2本連結。


抵抗値はめでたく7.8Ωまで下がりました。

抵抗値は下がりましたが、これで終わりではありません。

2か所の接地極を接続して、屋内まで配線し、掘った穴を埋め戻して終了です。

Tags:

Featured Posts
Posts are coming soon
Stay tuned...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square